10 // 2015.11 // 12
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
プロジェクトギロチンX~挑戦者たち~
2015年11月29日

カタール型、一時は隆盛を極めたスイッチ型と時代は移り変わり、二刀クリティカル型の台頭。

そして二刀DA型の復権。

ギロチンクロスのボス狩り前線は群雄割拠の時代を迎えている。

そんな中、新たな発想でこれまでと異なるギロチンクロスを生み、悲願を達成した男達がいた。

これは、一人のギロチンクロスが残した足跡であり、時代を切り開いた男の物語である。


***


株式会社リーマン会議はボス狩りを専門とした技術者が集まる中堅企業だ。

日々ボス狩りに興じ、そこで起こった由無し事をブログに書くことを主な収益源としている。

会社のトップは数々のMVPボスカードを出してきたANTICHRIST。

皆がアンチさんと慕うその男こそ、カリスマ経営者である。

20151129_anti.jpg

カリスマに引き寄せられた各サーバのボス狩りが集い、日夜ボス狩りに明け暮れた。

aiharaもそんな数いる若手社員の一人だった。

aiharaはメカニックで頭角を現し、リーマン会議社に入社する少し前からギロチンクロスを操った。



あんな圧倒的な力でボスを倒してみたい。

常任理事と呼ばれる上層部への憧れだった。


***


2014年1月10日

オークヒーローから始めた。

スパイラルピアースいわゆるSPPが鬼門だったが、取り巻きを凍結させる、被弾でニューマが発動するアクセで突破した。

20151129_02.jpg


怨霊武士も苦心の末に倒した。

20151129_02.jpg

一撃必殺のソウルブレイカーと、ヘルジャッジメント、爆裂2HQを武器に、ET25階では数々の挑戦者を退けている。

aiharaはスイッチ型のギロチンクロスなので、超Fleeが入ればカタールに持ち替えてクリティカルにするか、

超Fleeが切れるのを待ってから二刀で殴る方法がある。

即死しないHPを確保し、それを保つことが肝要だった。



壁を乗り越えたaiharaは自信を得た。

強敵でも工夫次第で倒せるんだ。今ならどんな敵でも倒せる!



調子に乗ったaihara。

リーマン会議社の常任理事たちから無慈悲な課題が課された。


イフリートを倒して来い。


2014年2月13日

怨霊武士を倒した感慨も覚めやらぬわずか2日後。

Lv上げや装備の更新などの猶予は与えられなかった。

今持っている装備とアイテムでやるしかない。腹を決めた。

20151129_02.jpg

一敗地に塗れる。

その戦いとも呼べぬ、一方的な蹂躙は9時間に渡り、一度の休憩も挟まなかった。

ANTICHRISTもまた9時間、Skypeごしにaiharaの呻き声を聞き届けた。


どうしてもEQを避けることができない。

バフォメットやオークロード、RSXのEQはハエ飛びで避けられる。

が、イフリートのそれは全く質が違うもので、ダメージ判定が圧倒的に早かった。

失ったお雑煮、2000個以上。

まだまだ厳しい寒さが続く、ギロチンクロス、レベル148の冬だった。

図らずも、怨霊武士討伐とイフリートと9時間戦ったことを以って、

aiharaはリーマン会議常任理事として末席を汚すことになる。



2014年4月27日

あの凄惨なイフリート9時間抗争から2ヶ月と少し。

その間、aiharaは毒瓶を作っては売り、エルやオリを集めていた。

金策である。

サーバキャンセルが多いaiharaに、常任理事のEfiniは言った。

おれが、Mimirで露店キャラ作りますよ。

ありがたい申し出だった。

露店はEfiniに頼み、aiharaは金を貯めるために東奔西走。

450Mにも及ぶzenyを用意した。



それも売りに出たフリオニカードを買うためだった。

20151129_huri.jpg

2ヶ月前の敗因は、HITを確保するために装備の威力を大幅に落としていたことだ。

いかに強力な攻撃も、当たらなければ意味がない。

マミー3枚挿しメスと、マミー錐。そして呪われた手。合わせてHIT+90になるこれらの装備は、フリオニが1枚(HIT+100)あれば事足りる。

これで右手武器を大型特化メスにしてアクセサリーも威力装備にする。

言うなれば万年Bクラスのaihara球団に海外からの大物選手が入団したというわけである。

フリオニ錐を手に入れたのはイフリートへの勝利のためだった。



イフリートのための前哨戦

悪夢のバフォメットは強い。

要HITはイフリートに迫り、攻撃力も抜群。爆裂もEQもある。

周囲のMobも仮想トール火山といった風で、強力なものが揃っている。

20151129_02.jpg

当たるというのは攻撃力の一種なのだと思った。

ペアではあったが手応えを感じた。



クラーケンも強い。

整地を怠ると難易度は一気に上がる。強力なWBとEQ、そして取り巻きのテンタクルスの強さ。

20151129_02.jpg

これでイフリートへの準備は整った。



2014年5月14日

20151129_02.jpg

トール火山の主、イフリート撃破。

あの敗戦から3ヶ月。あの頃とは違う。

Lvは160を超え、フリオニ錐を左手に握る男の顔には余裕があった。

桜舞う、うららかな春の日だった。




2015年1月2日

あれから8ヶ月。

カリスマ経営者ANTICHRISTは新天地に活躍の場を求め、リーマン会議社を無期限休職とした。

aiharaも少しの休職期間を挟み、生活環境が変わった。

ボスを狩り続けるのは相変わらずだったが、どこか張り合いのない日々が続いていた。

新年。

リーマン会議社の先輩でET事業部所属のエース、イスタンコ

ギロチンクロスによるソロET攻略の技術では並ぶ者がいない。

既に80Fまで踏破し、85Fのクトルラナックスとイフリートはそれほど大きな壁にはならないだろうと言った。

そのイスタンコがaiharaに言った。


ランドグリスを共に討伐しませんか?


イスタンコはaiharaを誘った。

刺激のない日々を過ごしていたaiharaは揺さぶられた。

ランドグリスは生体MVPボスを除くとおそらく最高の強さを誇る。

刺激に飢えて今いちボス狩りに身が入らない日々だったaihara。

新たな目標にワクワクした。



まずは敵を調べることから始める。

20150115_01.gif

20150115_01.gif

ランドグリスはHP30%を切った時、本気を出す。

爆裂(ラッシュアタック)……Atk3倍
超Flee(アジリティアップ)……Flee2倍
2HQ(ツーハンドクイッケン)……ASPD上昇
EQ(アースクエイク)……画面全体の無属性魔法攻撃

これらを一度に使う、残りHP30%を切ってからがランドグリスの本番

30%を切るまでは一廉のギロチンクロスならばそう苦慮することもない。

注意点を頭に入れてまずは挑んだ。

今の実力とどれくらい差があるのか、何が足りなくて何が必要か。確かめるには挑んでみるのが一番だ。

ボス狩りにおけるaiharaのポリシーだった。

20151129_dead6.jpg20151129_dead10.jpg20151129_dead9.jpg20151129_dead8.jpg
20151129_dead7.jpg20151129_dead5.jpg20151129_dead4.jpg20151129_dead3.jpg
20151129_dead2.jpg20151129_dead1.jpg20151129_dead15.jpg20151129_dead14.jpg
20151129_dead13.jpg20151129_dead12.jpg20151129_dead11.jpg20151129_dead16.jpg


実力差を肌で感じた。

しかし、この敗戦で得たものは多かった。


1.超威力のホーリーライトと風魔法

両方を凌ぐ必要がある。

特にホーリーライトは本体、取り巻き共に使う。頻度が高く即死級。

この戦いの敗因のほとんどはホーリーライトだった。

20151129_dead16.jpg


2.超Fleeは切れない

超Fleeが切れてから攻撃すれば、あえて攻撃力の低いカタールを使うこともないと思った。

しかし、何度か試してみたが超Fleeが切れたタイミングで殴れることは無かった。

おそらく超Fleeは切れないか、切れたとしてもごく短い時間なのだろうと結論付けた。


3.カタールでまともなダメージが出ない

超Fleeが切れないならカタールで殴るしかない。

ランドグリスのDEFは588。近接職の育成では、錐をかついでスリーパーを殴りに行くのが定番だが、そのスリーパーでもDEF432。

それを錐効果のないカタールで殴るのは至難。

20151129_dead16.jpg

+7柴犬の変身でも4000に届かなかった。



この3つを受けて課題が見えた。

ホーリーライトを防ぐこと。これは聖鎧を用意するしかなさそうだ。

一番の問題は超Flee時の攻撃方法だった。

ランドグリスのHPは約5.5M。その30%である約1.7Mをカタールで削ることになる。

秒間7回の攻撃なので常時柴犬でも4000x7=28,000となり、1秒で28,000しか与えられない。

1.7Mを28,000で割ると約60。つまり猛攻に耐えながら60秒間、攻撃しなければならない。

これは相当難しい。回復剤を使いきるのは目に見えている。

途方に暮れた。



カタールに代わる武器はすぐに答えが出ない。

まずは聖鎧を手に入れるために動いた。

必要ない装備を売ってzenyを作った。

20151129_genso.jpg

これでなんとか土俵に立てる。

強敵とのボス勘を養うために、最低1日1回は悪夢のバフォメットやイフリートを倒した。



2015年2月10日

公式からアンドフリームニルのマントが発表された。

肩装備でありながらASPDがかなり上昇するマントだった。

aiharaは思った。


斧を装備できないだろうか?


斧は短剣に比べてASPDがネックになる。

斧が短剣より優れているのは大型サイズの敵に100%ダメージが通ることだ。

短剣は大型サイズに50%ダメージなので、大型オーク兜やドレイクカードが必要になるのがネックだった。

この肩装備があれば斧が使えるかもしれない。

しかし、シミュレーションの結果、この装備でもASPD193の達成は難しいことがわかった。



2015年3月1日 嵐の夜に

第2回ランドグリス戦。

聖鎧を手に入れた今、倒せるのでは……?

そんな淡い期待は約30回の敗北と共に打ち砕かれた。

ホーリーライトを防いでもEQがある。爆裂2HQがある。

この戦いの敗因は主にEQだったが、EQ対策で勝てるとは全く思えなかった。

やはりここでもカタールのダメージ不足が露呈した。



その夜、aiharaは同期入社のJIROに愚痴をぶつけた。

JIROはaiharaと同郷、青森の出身で歳も同じ。

復帰と同時にANTICHRISTにプロンテラで声をかけ、そのままリーマン会議社に入社した異色の男だった。

20151129_osi.jpg


JIROはWLで名を上げたが、職を問わず知識が豊富でそれを生かすことに長け、

リーマン会議内ではJIROに聞けば解決する、ジロペディアと呼ばれた。


aiharaはカタールがいかに未来のない武器かをJIROに話した。

話がアンド肩の話題に移った時、aiharaは斧について話した。

ASPDがネックになると言うと、少し考えてJIROは言った。


aiharaさん、なにか思い出しませんか?

メカ使いのaiharaさんなら分かるはずです。


まさか――。

そう、アドレナリンラッシュですよ!!



課金アイテムになるがアドレナリンラッシュスクロールを使えばASPDが賄える。

時間は既に深夜。しかしそのブレイクスルーをきっかけに熱い議論が始まった。


斧を使うならステータスをクリティカル型にする方がいいな。

斧ならダブルアタックが出ないからJob50転職でもいけますね。

あ、斧は壊れないからゴーレム要らなくなるな。

何より大型に対してドレイクが要らないから圧倒的に安いのに、強さはドレイク超えますよこれ!


頭やアクセは何が良いのか。

挿すカードはどうするか。

スクロールを使うなら多くの部位はクリティカル率を上げるために使える。

口角泡飛ばし、7時間もの議論の末、誕生したのは斧クリティカル型ギロチンクロス

と言うべき新しいギロチンクロスだった。

窓から差し込んだ朝日が、新たな時代の幕開けを予感させた。


金策編

斧クリ型を実現するためにはかなりのzenyが必要だった。

安く見積もっておよそ700M

要らない装備を売り、アイテムを売ると所持金は200Mになった。


その頃、ライバル各社が斧の可能性に気付き始めたようだった。

早く実現しなければ、先に公表されてしまう。

ランドグリスを倒すことを目的に始まった斧クリ型ギロチン計画だったが、

他社に先んじたいという気持ちは大きかった。


そんな金策のピンチに、リーマン会議の後輩、栗がaiharaに協力した。

これを売って下さい。

差し出されたのはオシリスカードだった。

入社前に手に入れたものです。倉庫で出番を待っていました。
これを売ってくれたら100Mあげます。残りは貸します。


20151129_osi.jpg

100Mをもらい、300Mを借りた。涙がでた。



これで600Mのzenyが出来た。あと少しだ。

残りは深淵の騎士カードが2枚必要だった。

古城2F、祈るような気持ちで決死のローリングカッター。

20151129_sin1.jpg

20151129_sin2.jpg

奇跡が起きたんだ。そう思うしかなかった。

これで必要なものは揃った。

あとは戦うだけだ。



2015年4月10日

集めた全ての装備を身にまとい、ランドグリスに対峙した。

満を持して挑んだ3回目のランドグリス。

20151129_ono.jpg

負けた。

それは決して装備の貧弱さではなく、操作の不慣れさだった。

ランドグリスは初手でディスペルをするため、短剣よりもバフが多くなる斧クリは、立て直しに時間がかかる。

この暴れ馬を乗りこなさなければ。

シミュレーションでは全てうまくいけば約15秒で終わることになってる。

まずHP30%前まで削る。

そして30%を切る前にダーククロウを入れ攻撃。

爆裂2HQ、EQを3秒やり過ごせば勝てる。

その日、aiharaは朝から70体以上のMVPボスを狩り、急ピッチで斧クリを手に馴染ませた。



2015年4月15日

20151129_RG.jpg

――ついに討伐は達成された。

ランドグリス討伐を持ちかけられてから、3ヶ月半。

4回目の挑戦で掴んだ勝利だった。

aiharaはオーディン神殿に立ち尽くし、勝利の余韻に浸っていた。


***


2015年11月29日

あれから約7ヶ月。

斧クリの基礎を築いた男、ジロペディアことJIRO。

多忙さから一時、リーマン会議社を離れている。


金策のピンチにオシリスを差し出した栗。

多忙ながらも、少しずつROに復帰。


エルオリの代理露店を出したEfini。

WLでフェンリルカードを出し、イフリートも撃破した。


リーマン会議社をしばらく離れ、新天地へ向かったANTICHRIST。

その地でも台風の目となり、話題に事欠かない存在のようだ。


ランドグリス討伐を誘ったイスタンコ。

ET80階を超えて連絡が取れず行方不明となった。

風の噂では元気だということだった。


JIROと共に斧クリ型を作り上げ、ランドグリスを制したaihara。

リーマン会議第2シーズンとして今も仲間と話しながらボスを狩る。もちろんランドグリスも。

20151129_last.jpg


~fin~


*****


編集後記

振り返ると、2014年1月から本格的にボス狩りを始めている。

オークヒーローから始まり、ランドグリスを倒したのは2015年4月15日。

1年と3ヶ月。少しの休止期間を挟んだけど、ボスばかりを狩り続けてそこまでいけた。


人口的には少ないボス狩りという人種がこうも集まり、意見を交換できる環境は他にはないと思う。

自分ひとりでは、イフリートやランドグリスはおろか怨霊さえも倒せたかどうかわからない。

ボスを始めてからというもの、とても楽しい時間を過ごすことが出来た。感謝している。

もちろん当ブログを見て頂いている人にも、色々と感謝したい。

あ、別に当ブログは終わりませんので。


*****


本記事は、過去の記事を某ドキュメンタリー番組風にリライトしたものです。

文字だけだと全然某ドキュメンタリー番組にならないな。

>>予告

>>完璧なる兵装計画 嵐の夜に編

>>完璧なる兵装計画 金策編

>>跳べないハードルを負けない気持ちで(番外編)

>>完璧なる兵装計画 実践編 動画もあるでよ


本文中の敬称は省略させて頂きました。

スポンサーサイト
【2015.11.29 (Sun)】 ROメモ // TRACKBACK(0) // COMMENT(10)
| BLOG TOP | 次のページ »
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
aihara
  • aihara
  • fishing of the boss,by the boss,for the boss
    おったな!

Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
   
Copyright © 2005 津軽海峡冬ブログ All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。